仁接骨院は開院37年

スポーツや交通事故のケガ、日常の痛みの専門院です。

「病院 → 現場へ復帰」の最短距離を的確にお伝えします。

ソニー仙台FCトレーニング室併設

一般診療の他、トレーニング、マッサージにも対応しています

2019年

9月

09日

塩釜市傷害予防フォーラム

9月7日土曜日

今年度二回目の傷害予防フォーラム開催させて頂きました!!

 

今回はご要望の多かったものの中から、急性期(ケガをしてすぐ)の対応、正しいアイシングの行い方を始め、突き指へのテーピングや足首へのサポーターのつけかたなど内容盛りだくさんでした!

 

参加者のみなさんが積極的に楽しんで取り組んでいただいたのでとてもよい雰囲気で行えました。

ほんとうにありがとうございました!!!

 

皆様のご意見を聞きながら少しでもお役に立てるフォーラムに出来たらと思いますのでご意見や感想、ご要望お待ちしております!!

 

 

 

次回は12月7日土曜日になりますのでぜひおこしください!

 

詳しくはスタッフにお気軽にお声掛け下さい。

 

 

2019年

9月

02日

セミナー参加報告

こんには多賀城院スタッフの矢口です!

 

8月24日の土曜日にセミナーに多賀城院スタッフ(新田先生、平塚先生)3人で参加しました。

 

講師は宮城県だけでなく各県でアスレティックトレーナーとして活躍されている株式会社 active bodyの代表をしている青島先生に「足部のスポーツ障害の改善戦略」というテーマで講義していただきました!

 

膝、ふくらはぎ、足首といった障害は足のアーチの問題が多く関わってきます!

 

扁平足の人やアーチの高い人は地面からの衝撃をうまく吸収することができずに膝や足首などの障害が多くなって来ます!

 

そのような選手、患者様にどう治療していくかを先生の経験談やインソール、テーピングなどの話を交えながら3時間講義していただきました!

 

自分の治療の選択肢の一つとしてとても勉強になりました!

講義の内容を整理し治療に生かせるようにしていきたいと思います!

 

 

2019年

8月

30日

わざわざ身体を動かしましょう!

最近の朝夕のひんやりした風が夏の終わりを感じさせて、とっても寂しいですね。

 

こんにちは。センチメンタル井上です。

 

そんな今年の夏、私はお盆休みを利用して、山形の月山へ登山へ行ってきました。

 

 

おかげさまで天気にも恵まれ、素晴らしい景色を楽しんで来ました。

 

そして、実はもう一つ、この月山の加えて、行ってみたいところがありました。

 

それがこちら。

 

 

酒田市にある、山居倉庫というところ。

 

明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。

米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」(知ってます?)のロケーション舞台にもなりました。

 

この中にある、ある写真をじかに見たかったんです。

 

 

けっこう有名な写真なのでご存知の方もいると思いますが、300kgを担いでいます。

 

実物大の人形もありました。

 

 

昔の人の身体は凄まじいですよね。

 

いやぁ、人間の潜在能力にロマンを感じますね~。

 

 

 

まぁ、昔といっても今から80年前くらいのことらしいですが。。。

 

といっても、日常生活の何もかもが当時と比べて飛躍的に便利になってしまった現代の私たちの身体では、なかなか出来そうにありません。

 

当時は日常生活で身体を使う頻度、強度が今とは比べものにならないくらい違ったからでしょうね。

 

さらに単純に筋力だけでなく、身体の使い方などもより効率よく大きな力を発揮できるものだったんじゃないかなと私は思います。

 

また当時と現在の身体の使い方の変化についてもう一つ。

 

それは生活様式の西洋化。

 

生活様式が洋式化してきたことも身体操作に影響を与えているんじゃないかなと私は思います。

 

たとえば、

 

・自宅にいる時はイスやソファに座って過ごすことが多い。

 

・寝る時はベッドだ。

 

・トイレはもちろん洋式トイレ。

 

っていう方の場合、

 

普段の生活でしゃがむ動作というものが少なくなってきます。

 

ということは、膝への負担は軽くなった反面、股関節や足首、足の指を目一杯動かすことが少なってくることでもあります。

 

ですので、たまには“わざわざ”動かすことも必要なんじゃないかと。

 

・足の屈伸運動

 

・足首回し

 

・足の指でグーチョキパーを作る

 

初めはこのような簡単な運動をちょくちょくやるだけでも、身体の動きに良い影響はあると思っています。

 

そんな

 

“わざわざ身体を動かす機会”

 

を作り始めてみてはいかがですか?

 

それが徐々に大きな変化に繋がっていくかもしれませんよ。

 

そして一緒に300kg目指しましょう!

 

んでまず!

 

2019年

8月

26日

多賀城院『仁さんの体操教室』

こんにちは!今回ブログ担当の新田です。

前回塩釜での『コツコツ体操』のお知らせがありましたが!

多賀城院からもお知らせがあります!

 

多賀城院で行っている『仁さんの体操教室』の火曜日開催が新たに始まります!

今までは木曜日のみでしたが、定員オーバーで参加できなかったり、ほかの曜日で参加したいという要望がありましたので

 

火、木曜日の週2日体制で行う事になりました!!

 

前回とは少し内容の違ったパンフレットがありましたので、そちらをご覧になってください!ご参加お待ちしております!!

2019年

8月

10日

こつこつ体操教室 開催致します!

こんにちは!今回井上と佐々木が担当させて頂きます!

 

9/13(金)に仁さんの!【こつこつ体操教室】を開催させて頂きます!!

 

テーマは【散歩の秋!】正しい歩き方で健康元気!!です。

 

秋になると散歩がしたくなる季節になっていきますよね。

 

ですが、散歩をすると足腰が痛くなる。と訴える患者さんがいらっしゃいます。

 

原因はさまざまですが、一つの原因として、歩き方が悪いことで身体を痛める可能性があります。

 

そのようなことから、皆さんには正しい歩き方で気持ち良く散歩をして頂きたいと思いテーマを【散歩の秋!】と決めさせて頂きました。

 

それ以外にも井上と佐々木で美空ひばりさんの【川の流れにように】に合わせて太極拳風の健康体操も行います。

 

皆さんで正しい歩き方で散歩をして健康寿命を延ばしていきましょう!!

 

 

 

 

こつこつ体操 令和一号!.pdf
PDFファイル 670.7 KB

2019年

8月

03日

血糖値と運動のお話

 

 

こんにちは! 

突然ですが皆さん!!甘いものは好きですか??

 

私は好きですね~

夕食後にデザートを欠かさない、そんな平塚が今回の担当です

 

 

はいということで、

先日、糖尿病について勉強する機会があったので、糖尿病での

・運動の必要性

・運動する際のポイント

を簡単ではありますが、お伝えしていきたいと思います

 

まず、糖尿病とは

 

甘いもの・炭水化物(に含まれる糖)を食べすぎることで、

糖の処理が間に合わず、

血糖値が常に高くなり、

その糖が血管を傷つける病気です

 

心筋梗塞や網膜症、腎障害など、

様々な合併症を引き起してしまいます

 

また、一度発症すると完全に治すことができないんですよね、、、

 

 

しかし!!

糖尿病は予防することができ、そのためにも運動が必要になってきます!

 

糖は筋肉を動かすための、エネルギー源として使われるので、

運動は血糖値を下げるために、かなり有効的!

 

つまり、甘いものを我慢せずとも、運動をすることで、糖尿病のリスクを下げられるそうです!

なので運動せずに、甘いものをよく食べる人は要注意!!

それではどのように運動すればよいか?

難しい運動は必要ありません!

運動する際にポイントは1つ!!

 

 『食事30分後のタイミングを目安に体を動かすこと』

 

あれ?それだけ、、、?って思いませんか?(笑)

 

血糖値は食後に上昇するので、どんなことでも良いので、

体を動かして ” 糖 ” を早めに使ってしまいましょう

 

 例えば、食後に家事をする

     食後に散歩する

     食後に筋トレをする

 

など食後直ぐ横にならず、身体を動かすことを習慣付けするこのが大切

 

特に、大きな筋肉(お尻、太もも、ふくらはぎ)を動かすと効果的です

 

 

糖尿病は過食・偏食をせず、規則正しい食事で十分予防できますが、

ついつい、甘いものを食べすぎてしまう人は、我慢してストレスを溜めてしまうより、

食べたのなら体を動かし、糖を使ってしまえばいいのです!

少し難しくなってしまいましたが・・・

 

糖尿病の予防に、

どうして運動が必要なのか?

どのように運動すればよいか?

伝わりましたでしょうか??

 

初めから習慣付けるのは難しいと思うので、少しずつ取り組んでみてください

 

 

それでは、

運動する際は、水分補給や暑さ対策をしっかりして、

熱中症にはくれぐれもお気を付けくださ~い

 

 

2019年

7月

25日

東北学術大会での発表

こんにちは柴田です。

 

 先日、柔道整復東北学術大会にて

アキレス腱障害の実技発表を致しました。

 

 アキレス腱障害の治療は一般的に

非常に難しいと言われています。

 

実際に多くのアスリート達がこれを理由に

離脱や引退を決断しています。

 

しかし正しい治療を行えば離脱することなく

もと通りに復帰することもできるのです。

 

さてこの大会での発表は今回で4回目。

 

いかにも慣れた体で発表しているのですが、

実は小さい頃から極度のあがり症なのです。

毎回気づかれないように声が上ずります。

 

「いやそうは見えませんが」

とは言われるのですが

それは出だしの声の上ずらせ方に

経験値を得たというだけなのです。

 

 しかしスタッフの佐藤先生に

去年の方が緊張していましたね。と言われました。

 

バレないようにしていたつもりが・・!笑

 

人間、カッコつけてはいけませんね。

 

 

暑さにはどうぞお気をつけください。

2019年

7月

20日

人間も動物ですよ。

こんにちは。

 

先日の「塩竈みなと祭」前夜祭の花火大会。

 

今年は綺麗に見れて良かったですね~!!

 

そして、本祭も天候に恵まれて最高でしたね。

 

と、勝手にひと安心している、井上です。

 

ちなみにどちらも見に行ってはないですけどね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、いよいよ夏本番が到来ですね。

 

私の場合はこの時期になると身体を動かしたくなってきます。

 

でも久しぶりに筋トレなんかしたりすると、だいぶ身体の衰えを感じてしまうのです。

 

ちょっと前に、公園の鉄棒で懸垂をやってみたら、たしか連続2回だったかな?

 

悲しいことです。

 

ということで、今回は筋力の変化についてちょっとばかしお話しを。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

それでは、

 

突然ですが、問題です。

 

問:私たち人間の筋力は、加齢につれて衰えてくるのですが、いったい何歳ぐらいから衰えてくるのでしょーか??

 

 

 

答:30歳ぐらいから

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

問:30歳から一年間で何パーセント低下するのでしょうか??

 

 

 

答:1パーセント

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ということで、

 

 

 

【筋力の変化】

 

30歳~  1年間  1%低下

 

 

 

となるわけです。

 

ということは、

 

あなたが今、40歳だとすると、

 

単純計算で、20代の頃から比べると10%低下

 

50歳だと、20%

 

60歳だと、30%

 

70歳だと・・・

 

低下している可能性があります、ということになります。

 

怖いですねぇ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

以上を踏まえて、さらに問題。

 

 

 

【筋力の変化】

 

30歳~  1年間  1%低下

 

宇宙飛行士  ?   1%低下

 

 

 

は? なんで宇宙飛行士??

 

となったとは思うのですが、例えばの話で、

 

問:宇宙飛行士のように、無重力の中で過ごした場合、

 

1%筋力を低下するには、どのくらいの期間が必要になるでしょうか??

 

1年間よりも、長い? 短い?

 

 

答:はい、かなり短いです。答えは「1日」!

 

 

凄く短いですよね~。

 

重力という負荷が掛からないと、筋力なくても楽に身体を動かせるので、

 

身体は「あ、それじゃあ無駄にエネルギー消費するだけだから、筋肉をリストラしとこう!」ってなるようなんです。

 

賢いですね。

 

 

といっても、いきなり宇宙の話されても・・・なので、

 

次で最後。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

宇宙飛行士から比べると、だいぶ身近な例になるとは思いますが、

 

「寝たきり」です。

 

 

 

【筋力の変化】

 

30歳~  1年間  1%低下

 

宇宙飛行士  1日  1%低下

 

寝たきり   ?   1%低下

 

 

 

問:この寝たきり状態、いわゆる、トイレや食事以外は一日中横になって過ごしているような場合では、どのくらいの期間で1%低下するのでしょうか??

 

半年?

 

3ヶ月?

 

1カ月?

 

いえいえ、

 

 

答:実は「2日」!

(研究によっては同じ1日だとか、若干違いもありますが)

 

 

無重力とあんまり変わらないですよね~

 

ということで、こうなります。

 

 

【筋力の変化】

 

30歳~  1年間  1%低下

 

宇宙飛行士  1日  1%低下

 

寝たきり   2日  1%低下

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いかがでしたか?

 

ご自分の普段の生活を振り返って、ちょっと焦っちゃった方もいるかもしれませんね。

 

実は、人間には便利な機能がありまして、

 

使わないもの(機能)は、必要ないものだと判断して、なく(少なく)なるように出来ているんです。

 

でも、逆に、

 

必要なものは維持したり、向上していくことも出来たりします。

 

ですので、

 

もう何年も何もしてこなかったから、今さら運動なんかしても・・・

 

なんて方でも、大丈夫。

 

 

『適度に運動することによって、筋力は

 

何歳になってからでも向上します!!』

 

と、声を大にして言わせてもらいます。

 

ですからご心配なく。

 

さらに、 

 

筋力が付いてくると、足腰の負担も減ってくるので、

 

痛みの改善や予防にもつながってきます。

 

 

ということで、

 

長々と何を言いたかったかと言いますと、

 

 

 

人間も動物。

 

動いてナンボ。

 

動かないでいると、身体はどんどん健康な状態から遠ざかってしまう。

 

だから、出来るところからでいいから、

 

たまには身体、動かしましょ!!

 

 

 

ということです。

 

 

それでは、また!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

って言われても、

 

「どんなことすればいいか・・・」

 

「一人じゃちょっと続かないなぁ・・・」

 

「自分よりもまずは父親・母親に運動してもらいたいんだけど・・・」

 

 という方には

 

「こつこつ体操教室」

 

という手もありますよー。

 

今月から多賀城院でもスタートしました。

 

 

 

 

 

 

【多賀城院】

 

【日時】毎週木曜日 11:00~12:00

 

【場所】〒985-0854多賀城市高橋5-11-6

仁接骨院 多賀城院(旧 汲川歯科医院 仙台育英学園高校隣)

 

【服装】動きやすい格好(運動靴不要)

 

【内容】

 ・体のコリやハリを解消 ”ストレッチング”

 ・椅子を使った簡単運動 ”チェアトレーニング”

 ・足腰の筋力をつけたい ”ウォーキングトレーニング”

 ・脳に刺激、脳の活性化 ”脳トレ”

 ・少し難しい運動に挑戦 ”バランストレーニング” ”チューブトレーニング”

などなど

 

 

【塩釜院】

 

毎週

 

火:12:00~13:00

水:10:30~11:30

木:12:00~13:00

 

塩釜院では、おおむね65歳以上の方が対象となっております。

 

 

 

どちらもお気軽にお問い合わせ下さいね~!

2019年

7月

10日

治療機械紹介

こんにちは!多賀城院スタッフの矢口です!

今日は当院にある治療機械を1つ紹介したいと思います!

 

皆さんこんな悩みはないですか?

「年々猫背がひどくなってきている」

 

「下っ腹のたるみが気になる」

 

「最近、便秘がちになってきた」

 

「運動をしてもあまり汗をかかない」

 

こんな症状はお腹の所にある腹横筋と腸腰筋という筋肉が関係してきます。

これはインナーマッスルといいお腹の奥にある筋肉で姿勢を保つためにすごく大切なです!

 

インナーマッスルは普段の運動ではなかなか鍛えることができません。

当院には効率よく鍛えることができる「楽トレ」という機械があります!

 

これはベットに寝ながらできる機械なので運動が苦手な方でもできるのでぜひ体験してみてください!

 

インナーマッスルを鍛えることによって基礎代謝も上がるのでダイエット効果にもいい機械になっています!

 

私も3か月継続して5キロ痩せることができました!

 

詳しく聞きたい方は気軽にお声がけください!

 

以上矢口でした。

2019年

7月

06日

傷害予防フォーラム

今年も塩竈市体育協会主催のスポーツ講習会傷害予防フォーラムが開催され当院が担当させて頂きました!

 

今年一回目のフォーラムはウォーミングアップの実践と栄養講座の二部構成で行いました。

 

昨年に続き、傷害予防の大切さや自分の身体に興味を持ってもらえるような内容で、実際にウォーミングアップまで皆さんと行いました!!

今回は比較的に少人数だったために一人一人と近い距離で対応することが来たのではないかと思います。

 

後半の栄養講座のなかで夏に向けての水分、塩分の取り方についてお話がありました。

塩を持って行ってたまに舐めたりするというのはご存知の方も多いとおもいますが実は塩選びにもコツがありました!

 

それは「岩塩」です!

熱中症対策に塩が必要と言われるのはナトリウム(Na)というミネラルが水分を体内に効率よく吸収するのに大切だからです。

 

ですがナトリウム以外のミネラルも大切で、取りすぎた水分を排出してくれるカリウム(K)その他、マグネシウム(Mg)カルシウム(Ca)など、これらのミネラル分を同時に摂取するのが大切になってきます。

これらを多く含むのが岩塩ということです!!

 

スイカも水分補給にとても向いている様なので水を飲みたくない時にオススメですのでおいしく水分補給できるのはうれしいですね!!!

 

これからの暑い季節ぜひぜひお試しください!

 

 

 

最後まで読んでいただいた皆様!

傷害予防フォーラムは今年は3回企画させて頂いていますので残り2回になります!!

 

次回は9月7日(土)になります!

 

自分自身の身体、お子さんの身体、生徒さんの身体に興味を持つ、知るというのはとても重要で、楽しいことだと思います!!

皆さまのご参加お待ちしております。

お気軽にご連絡下さい!

 

 

仁接骨院

〒 985-0003 宮城県塩釜市北浜1-5-38

☎ 022-362-1046

www.jinsekkotsuin.com

受付時間 日・祝
午前(  8:30-12:00)
午後(14:30-19:00)