仁接骨院は開院37年

スポーツや交通事故のケガ、日常の痛みの専門院です。

「病院 → 現場へ復帰」の最短距離を的確にお伝えします。

◯スタッフ予定表を追加致しました!

受付時間・カレンダー にてご確認ください。

◯多賀城院が開院しました!

ソニー仙台FC選手施術室、トレーニング室併用。

一般診療やマッサージ、アスリートにも対応しています。

2019年

6月

15日

総体

こんにちは。今回ブログ担当の新田です。

 

少し前になりますが、中総体、高総体がありましたね。

競技者、保護者、指導者、応援をする方々。色々な形ではありますが、総体に関わった方も多いのではないでしょうか?

総体には思い入れが強いので見ている熱くなりますね。

 

私達は総体に関わることの多い職業の一つです。

接骨院では痛みのケアだけではなく、大会までのパフォーマンスの管理やアドバイス等も行いながら治療を行いますが

 

『痛みがあるけど休めない。時間がない。出来るから大丈夫。』

 

よく学生さんから出る言葉です。

 

今の状態でプレーをして

・ベストが出せるのか

・終わった後に後悔しないか

 

今本当に必要なのは練習をすることなのか、身体のメンテナンスなのか、一度

考えてみることが大事だと思います。

ケガに悩まされてプレーするのと

ケガに悩んで、向き合ってプレーするのでは大きい違いがあるというのが持論です。

 

周りの人に、もしくは自分自身がそう言った状態にあれば病院であったり接骨院を頼ってもらえればと思います。

 

今回引退された方々は3年間お疲れ様でした!

来年、再来年にもチャンスがある人、これから大会が続く方々には更に上を目指してほしいです!頑張れ!!

 

2019年

6月

04日

捻挫は、おっかない!

 

 こんにちは。

 

此度ブログを担当します、塩釜院の菅原太朗です。

 

僕は皆さんに、

「よくあるケガ」の「症状」と「治療」について、簡単にお話ししようと思います。

 

「なんで痛いのかなぁ。」と思っている方に、「なるほどなぁ!」と思って頂けたら幸いです。

 

 

今回は、「足首の捻挫」についてお話しします。

 

タイトルは、「捻挫は、おっかない!」です。

 

詳細は後述。

 

 

さて、皆さんは、捻挫したことはありますでしょうか?

あの、グキッとやるやつです。

転んだり、つまづいたり、人の足や段差をふんづけてしまったりして、グキッとなって、イタタタとなる、あれです。

 

 

人の足部、足首は、運動時の可動性を大きく確保するため、ゆるい作りをしています。

一方、「土台」となり人の身体をささえるべく、いくつもの骨からなる複雑で強固な機構を有しております。

 

 

以上の事から、足首は痛めやすく、放っておいては治らない関節になっています。

 

はい。

はやくも「おっかない!」ですね。

 

 

 

 

 捻挫の痛みは、ざっくりと、2つの時期に分けることが出来ます。

 

 

① 「ケガした直後」    (何してても痛い!)

② 「ケガした直後」の後  (動かすと痛い!)

 

 

この2つの時期の、症状と治療をお話しします。

 

 

【症状】

①は、炎症期といい、自然治癒力で自分の傷を治している時期です。

患部には腫れがあり、熱があります。

「今動かしちゃダメ!」

ってな感じで、足首はあなたにズキズキをおくりつづけ、じっとしているようにとお願いしています。

重症度にもよりますが、この状態は3~5日くらい続きます。

 

②は、捻挫による組織の損傷の修復は終わったものの、関節にズレが生じているため運動機能が低下し、運動時痛がある時期です。

 

カッコよく言うと、「運動時、足部のアライメント不良により、位置覚の受容器が痛み信号を発信している状態」となります。

 

症状の具体例をあげると、

 

座っていると何ともないけど、足をつくと痛む。

足をつくのは何ともないけど、歩くと痛む。

歩くのは何ともないけど、走ると痛む。

 

とか、

 

グラグラして不安感がある。

 

とかとか、

 

試合の途中でだんだん痛くなる。

仕事終わりに腫れてくる。

 

などなど。

 

兎にも角にも②の症状はやっかいであり、②の症状をほおっておくと更にやっかいなことになりかねません。

 

そして、これは僕の個人的な見解ではありますが、②の症状に対してアプローチをしている医療機関はなかなかないのではないかなぁと感じています。

(当院推し)

 

 

【治療】

 

①初期処置

受傷直後は、画像診断により損傷部位を特定し、然るべき医療機器にて炎症症状をおさえます。

包帯で圧迫、固定する事で、痛みを抑え、自然治癒力が十分に発揮される環境を整えます。

熱と腫れの強いこの時期は、毎日この処置をします。

 

初期処置を早期に的確にすることで、捻挫の直りのスピードは全く違ってきます。

更に②の症状も大きく抑える事ができます。

 

 

②リハビリ

ズレてしまった関節をもとに戻すアプローチをした後、運動機能を修復するトレーニングを行います。

骨の模型などで骨構造をみていただくとよくわかりますが、捻挫をすると足部の関節はがっつりズレてしまいます。

これをもとの位置にもどし、痛めた筋肉などの運動機能を高める必要があります。

 

②の治療をおろそかにしてしまうと、前述したような、

 

歩くと痛い。

不安感、違和感がある。

仕事してると腫れてくる。

 

などの症状が残ってしまいます。

 

ですので、

「痛くなくなったからまぁいいや」

と、捻挫を放っておかないでほしいと、僕は切に思います。

 

 

 

 

そして、「捻挫は、おっかない!」は、ここから。。。。

 

 

この捻挫による足首のズレをそのままにしておくと、一か月後、一年後、十年後、膝が痛くなったり、腰が痛くなったり、首が痛くなったりするケースがあります。

 

何故なら、足首がずれた状態で生活をするということは、「土台」が不安定な場所で生活していることと一緒だからです。

 

実際、そのズレのせいで他の場所が痛くなり来院している患者さんは珍しくありません。

 

 

 

なんと「おっかない!」ことでしょうか!!

 

 

 

 

巷では、

 

「転んじゃって足首捻って骨が折れたかと思ったら、捻挫だったー。」

 

「骨折じゃなくてよかったねー!!」

 

なんて会話を耳にしますが、そういう時僕は、

 

「捻挫なめんなよぉぉ!!」

 

と思っております。

 

極端なたとえをすれば、足首がズレたまま生活をするということは、右足にスニーカー、左足にハイヒールをはいて生活しているようなものです。

 

 

 

もしあなたが誰かに、

 

「昨日、右足にスニーカーはいて左足ハイヒールでお出かけしたら膝とか腰とか全身痛くなっちゃった!!」

 

と言われたら、

 

「そりゃそうでしょ!なにしてるのさ!!オシャレのつもりかよ!!」

 

と、きっとそう思われると思います。

 

「捻挫ほおっておいたらだんだん膝とか腰とか全身痛くなってきました。」

 

そういう患者さんと相対する度、僕は、

 

「捻挫の理解と治療の重要性をもっと世の中にひろめ、世界を救わねば!!」

 

と、こう思うわけです。

 

 

 

さて、冒頭では、「よくあるケガを簡単にお話しする」などといっておきながら、難解な医療用語を多用し、とんでもない長い文章になってしまったことをお詫びいたします。

 

「捻挫は、おっかない!!」

 

伝わりましたでしょうか??

 

なにかわからないことがあれば、いつでも当院のスタッフにお尋ねください。

 

 

ご清覧ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年

6月

01日

早稲田大学&スタンフォード大学合同カンファレンス 院内報告会②

こんにちは多賀城院スタッフの矢口です!

先日第二回早稲田大学&スタンフォード大学合同カンファレンス院内報告会をしました!

 

内容としては1人目は私がウォームアップとケガ予防を発表しました!

FIFA11+という複数のw-upがありその内容を実施することによってケガの発生率が約60%減少できるという研究報告がありました。そのw-upの内容も取り組みやすい内容になっているので気になる人がいらっしゃったら気軽にお声がけください!

 

2人目は佐藤先生が「マインドセット大人は子供にどう接するべきか」という内容を発表しました!

 

子供には結果を求めることも大事ですが失敗してもその頑張りを褒めると競技能力が向上し考える力も備わるので指導者は結果を求めがちな傾向があるので考えを改めていくことも必要と感じました。

 

3人目は平塚先生のアスリートの心のケアと「外傷・障害予防の為のウォームアップ」を発表しました。

 

アスリートの心のケアは指導者は結果を求めがちですが選手の心のケアも必要。ということでした。この内容はすごく簡単に述べているので詳しいことを聞きたい方がいればスタッフにお声がけください!

 

2つ目は唯一の実技でした!

頸椎や呼吸に着目した内容で6つのエクササイズで前屈や身体の可動域があがったので気になる人がいればスタッフにお声がけください!

 

2日にわたって報告会をしましたが改めて内容を確認しスタッフ全員と共有できたことがすごくよかったと思います。

 

この報告会の内容を治療にも生かせるようにこれからも頑張りたいと思います!

 

以上矢口でした!

2019年

5月

25日

夏のリカバリー戦略!!

こんにちは佐藤です!

 

中総体、高総体を前に暑い日が続いていますね。

 

大会前に気合が入り練習量の増えている学校さんもあるのではないでしょうか?

 

せっかく練習しているのにパフォーマンスが下がってしまってはもったいないですよね!

 

大会前のこの時期から、夏の暑く疲労の溜まりやすい時期を乗り切るためのリカバリー方法についてお話しさせて頂きます!

 

 

 

ポイント

1、エネルギーの枯渇

2、筋への疲労物質の蓄積

3、筋の微細損傷や、筋肉痛

4、生体内の恒常性のアンバランス

5、脳(中枢)の疲労

 

これらにどうアプローチしていくかがカギになります!!

 

 

今回は

・食事

・体温

・睡眠

でこのポイントにアプローチしていきます!

 

 

 

 

食事

筋肉を動かすグリコーゲン(糖質)と筋肉を作るアミノ酸(タンパク質)の早め(運動後30分以内)の摂取が望ましいです。

2つを同時に摂取することでより回復が早まります!

筋肉痛、疲労感の改善にはとても大切になります!

 

100%オレンジジュース + ハムやチーズのサンドイッチ

 

バナナ+牛乳

 

おにぎり+プロテインなど

 

基本は3食バランスの良い食生活が大切ですのでそれにプラスして行ってみてください!!

 

 

 

 

 

体温

交代浴は聞いたことのある方は多いと思います。

水とお湯に交互につかり循環血流量を上げ疲労物質の代謝を促進させ、回復を早めるものです。

 

温浴36℃以上1~2分

冷水浴20℃以下1分

を3~7セットが目標です。

※最後は冷水浴

 

こちらは温浴をシャワー、お風呂は冷水浴でも出来ますので家にお風呂が2つある贅沢な方以外はシャワーでお試しください(笑)

 

 

 

 

 

睡眠

思春期アスリートにおける平均睡眠時間が1日8時間以下の場合、8時間以上のアスリートに比べて障害発生リスクが1.7倍になる。

(LeMeur,Skein&Duffield2013)

高校生年代のボーダーが8時間と言われていますがとれていないのが現実だと思います。

 

時間が取れないのであれば質を上げていくことが大切になってきます。

質というのは周期的に繰り返すノンレム睡眠とレム睡眠の最初のノンレム睡眠を深いものにできるかです。

 

人間は体温が上がり、下がってきたときに睡眠に入ります。

運動などしたあとの深部体温の高いままだと寝つきが悪く、最初のノンレム睡眠に上手く入れなくなってしまいます。

 

運動後で体温が上がっている状態であれば先ほども触れた冷水浴が効果的です。

 

交代浴も同じで、上げた体温を最後に下げて終わる事が大切になります。

 

 

睡眠不足は

認知能力低下

活力低下

反応時間遅延

記憶力低下

意思決定能力低下

眠気増加

雰囲気低下     など

 

多くの問題を引き起こしかねません。

 

大事な場面での1プレーを良い結果にするためにできる事は何でもやってみましょう!!

 

 

 

皆さん、今までの練習の成果を十分に発揮できるように最後までやり切りましょう!!!

 

 

 

 

2019年

5月

18日

早稲田大学&スタンフォード大学 合同カンファレンス 院内報告会

こんにちは。今日、久しぶりにお会いした患者さんから、

「いつもブログ見てますよ!」と声を掛けられて、テンションが上がってしまった井上です。

 

いや~、こういったお話しをいただくのは、ホントうれしいです。

 

まだ初めて数カ月ですが、細々と週一ながらみんなで続けて来て良かったな~と思います。

 

みんなの励みになりました。ありがとうございます!

 

さて、本題に張り切って行きましょう!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

先日、塩竈院・多賀城院合同の勉強会を実施しました。

 

先月参加した、「早稲田大学・スタンフォード大学合同カンファレンス」について、他業務などで参加出来なかったスタッフも含めて、それぞれ学んで来たことをシェアする会です。

 

 

トップバッターは新田先生。

 

今回のカンファレンスのテーマは『スポーツと未来』。

 

「日本の未来は子どもたちにある」ということで、子どものスポーツへの取り組み方についての内容が多かったです。

 

 

 

新田先生からは、

 

「成長期の投球障害予防」

 

「スポーツ種目専門化は早い方が良いか?」

 

の講義についての発表でした。

 

 

 

みんな真剣に聞いています。

 

燃える闘魂もいます。

 

 

 

そして、井上先生の出番です。

 

はい、ワタクシです。

 

私が担当したのは、

 

「子どもの運動と生活リズム」

 

「睡眠衛生とアスレチックパフォーマンスについて」

 

でした。

 

 

 

ちなみに、

 

「睡眠衛生と~」の講義をされた先生は、こちらの本の著者の先生。

 

書店やコンビニで見かけたことありません?

 

毎晩、秒で眠りに落ちているものの、いつも睡眠不足を感じている感じている私は、「眠り」について興味があったんですよね。

 

・睡眠とスポーツのパフォーマンスとの関係

・睡眠のメカニズム

・睡眠の質の高め方

 

といった、学んで来た内容をみんなとシェアしました。

 

近々、この勉強会の第2弾も開催されるのですが、

 

学んで来た内容をしっかりと日頃の業務に活かして行きたいと思います。

 

 

 

あー、子どもの睡眠時間や生活リズムについても書きたい!

 

って思うところではあるんですが、深みにはまって終わらなくなってしまいそうなので、またの機会に。

 

睡眠負債がたまってしまいますからね。

 

ということで、もし興味がある方はお会いした時にでも声掛けて下さいね!

 

さてと、明日は日曜!

 

たくさん寝るぞー!

 

それでは、また!

 

 

2019年

5月

11日

連休明け!!

こんにちは!

 

今回は佐々木が担当させて頂きます。

 

長期間のGWも終わってしまいましたね。

 

早かったような長かったような、、、(笑)

 

私は、塩釜神社にお参り行ったり、

 

実家に帰って、両親にマッサージなどをしていましたが、それ以外の日は図書館で引きこもっていました(笑)

 

皆さんはGWはいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

患者さんからGWのお話をたくさん聞いたりして、とても楽しくお仕事をさせて頂いております!

 

 

 

来週はまだ予約に余裕がある日もありますので接骨院に通いたい!といった初めての方もスムーズにご案内できますのでお気軽にお問い合わせください。

 

お待ちしております!!

2019年

4月

24日

早稲田大学&スタンフォード 合同カンファレンス

平成も残り数日となりましね。

最近はこの話題で持ち切りなのではないでしょうか?

 

どうもこんにちは、平成生まれの平塚です。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!

 

 

つい先日のこと

東京で開催された”早稲田大学&スタンフォード合同カンファレンス”に

仁接骨院の先生方と受講してきました。

 

日本や世界でも有数な先生方のお話からは学ぶべきことが沢山あり、

モチベーションも上がり、一人一人がいい刺激を受けることができたのではないでしょうか。

 

しかーし、2日間に亘って12の講義を受けてきたので情報量が膨大!!!

学んだことを生かすためにも、

自分の中にどう落とし込み、どう皆様にお伝えしていけるか。

みんなまだまだ勉強を続けております!!

少し真面目になりすぎましたね。

東京でのオフショットもどうぞ(笑)

今週末からGWが始まります!

お休みの方もそうでない方も、

良い令和を迎えましょう~

2019年

4月

17日

一致団結!

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

他のみんなが花見に行ってしまったので、今週もわたくし井上が担当致します。

 

はい、ウソです。

 

 

 

さて、

 

先日のことですが、

 

新年度恒例、『仁接骨院 結団式』を開催しました。

 

これからの会社としての方向性

 

柔道整復師として、人として必要な心構え。

 

新しく仲間となったスタッフの紹介。

 

そして懇親会へ。

 

 

今年は多賀城院がスタートし、

 

サッカートレーナー組は週末に試合があったりと、

 

それぞれ業務の時間が異なるため、スタッフが全員揃ったのは超久しぶり。

 

さらに、飲み足りない・話し足りない人間は二次会へ突入。

 

 

新年度、氣持ちも新たに。

 

常に学び続ける姿勢を忘れず、

 

和顔愛語を体現できる様、人間性を高め、

 

より一致団結し、

 

それぞれの持ち場で力を発揮していく、

 

そんな院を目指して行きたいと思います。

 

 

これからも『仁接骨院』をどうぞよろしくお願い致します!!

 

 

それではまた!

2019年

4月

11日

塩釜柔道教室の窓口

4月も2週目に入りました。

 

各学校では入学式も終わり、楽しい楽しい?学生生活がスタートですね。

 

はるか昔、中学入った時、テニス部にするか柔道部にするか迷ってですね、

 

結局柔道選んで、そこから中・高・大と・・・

 

テニス部行ってたらどんな爽やかモテモテ人間になっていたのだろう・・・

 

そんなパラレルワールドに時々思いをはせる塩釜院の井上です。こんにちは。

 

 

今回は、そんな新年度、

 

「なにかうちの子に習い事始めさせたいな~」

 

なんて思ってらっしゃる親御さんにオススメの内容です。

 

 

 

 

実は、当院では塩釜柔道教室の窓口にもなっていまして。

 

そして只今、絶賛生徒募集中なのですよ!

 

 

 

どうです? 楽しそうでしょ!?

 

柔道はもちろん、基本の礼儀作法からしっかりと。

 

だけど、それだけじゃなく、キャンプや鏡開きなどの課外活動も積極的に行っています。

 

これは、友達同士や親と子で沢山の交流をすることで、強さだけではなく、周りの人を思いやる心を持つことなど、人として成長も目的としているからです。

 

 

 

柔道では、立ち技・寝技での攻防があるため、

 

それぞれの局面で相手と自分の身体を上手にコントロールする必要があります。

 

ですので、バランス感覚やとっさの時の身のこなしが良くなるなどの効果もあると、個人的に思っています。

 

体重100㎏以上あっても逆立ちで歩ける柔道家、結構いますからね。

 

 

 

ちょっとでも興味が出てきた方はこちらも見てけさいん。

 

塩釜柔道教室ホームページ

https://shiojudo.wixsite.com/judo

 

 

 

 

 

そして、

 

患者さんからの問い合わせ電話にテキパキ答えている風の女性。

 

こちらは、その明るさと気配りで、患者さん(特にシニア層の男性)たちから絶大な人気を誇る

 

受付の太田さんです。

 

 

こっちはもくもくと仕事してる風。

 

 

 

 

生徒やその親御さんたちが毎週楽しみにしている(らしい)、塩釜柔道教室ホームページ内のブログ。

 

実はこの太田さんが、先生方からいただいた文章や写真をまとめて、記事にしてくれているんです。

 

ということで、

 

塩釜柔道教室と塩柔ブログ

 

こちらもよろしくお願いしまーす!

 

 

塩釜柔道教室

https://shiojudo.wixsite.com/judo

 

 

塩釜柔道教室ブログ

https://shiojudo.wixsite.com/judo/blog

 

 

 

んでまず!

2019年

4月

06日

○○部屋

こんにちは! 最近登板が多めの塩釜院の井上です。

 

新年度になって初めの一週間が過ぎましたが、いかがでしたか!?

 

いや~、今週長かったな~。

 

只今、土曜の午後。若干白目を剥きながらポチポチ打っています。。。(ウソです)

 

さて、ここ最近の多賀城院の話題が続いていましたが、今回は従来の塩釜院のネタで。

 

 

 

院内の一角にストレッチスペースを設けましたー!

 

あ! べつに多賀城院にベットを持って行かれちゃったからしかたなく、、、という訳じゃないですよ! ホントだよ!

 

で、

 

いや、これがね、患者さんから結構好評なんですよ。

 

これまでベットの上でのストレッチや、床の上での運動指導を行っていましたが、より広いマットスペースで安全&効果的に行う事が出来る様になりました。

 

日頃からのストレッチや運動を行う事で予防・改善出来る症状は沢山ありますし、そしてもちろんスポーツのパフォーマンスアップにも当然役立ちます。

 

これからどんどんこのストレッチスペースを活用しながら治療&運動指導を行っていきたいと思います!

 

あ! べつにスタッフの仮眠部屋でもないですからね!

 

それではまた!!

 

仁接骨院

〒 985-0003 宮城県塩釜市北浜1-5-38

☎ 022-362-1046

www.jinsekkotsuin.com

受付時間 日・祝
午前(  8:30-12:00)
午後(14:30-19:00)