ブログカテゴリ:学術学会


12日 2月 2017
早稲田大学体幹筋機能研究会 にスタッフ一同参加致しました。 現代医学の最先端についてしっかりと学習! 腰痛症の最先端情報を更新 特に肩の機能について深く掘り下げることが出来たため、野球やバレーボール、水泳など腕を使う競技に対する医学知識と技術が飛躍的に向上致しました!
13日 1月 2017
 アメリカ州立ハワイ大学医学部にて 解剖学実習に参加致しました。  世界的権威の脳神経医学教授はじめ、アメリカ最前線で活躍する講師陣の指導による世界最先端情報と知識を習得致しました。...
12日 11月 2016
洞口会 名取中央クリニック にて 膝関節疾患について整形外科医師と共同講演を行いました。
25日 9月 2016
 治療家の先生に向けての「オスグッド治療」の講習会を行いました。  痛みをその場で改善する治療ですので、スポーツ障害はもちろん、ご高齢の膝痛の改善に非常に有効な治療方法です。
01日 8月 2016
医学部解剖学実習に参加致しました。 今回は特に坐骨神経の走行と性質について、私たちは新たな理解を深める事ができました。 「体の痛みを改善すること」 これは仁接骨院の基本的な考え方です。 体の仕組みを最大限知る”解剖学”を熟知する事は 私たち医療従事者の義務と言えます。 スタッフ一同、興奮冷めやらぬ日々が続きます。
25日 7月 2016
 「下肢症状を伴う腰部障害への運動療法」 と題して、宮城県代表として実技発表を致しました。 わたり接骨院 櫻本先生もともに県代表として発表されましたが、研修時代を共に過ごした同門の仲間です。 「当院からも、学術大会で発表できるような柔道整復師が育ってほしい」 20年ほど前、若かりし私たちに 師 仁市郎 先生が与えられた言葉でした。...
28日 11月 2015
 塩釜ガス体育館にて成長期傷害のひとつであるオスグッドの治し方について講演して参りました。  実際、現場にも膝の痛みでしゃがむことが出来ない小学生を発見!  その場でしゃがめるようになり、具体的な対策法を、実際に親子で学んでいただくことが出来ました。  大好きなスポーツ活動、いつも楽しく続けてもらいたいものです!
21日 11月 2015
 名取中央クリニック学会にて発表講演を行って参りました。  体の動作を少し改善させることで、痛みを大きく改善できることを多くの先生方と共有することができました。  少しでも多くの腰痛患者様への問題解決の糸口となります様に! 院長 柴田匡一郎
04日 10月 2015
 横浜にてセミナー講師を務めて参りました。 学生時代の同期である、たかこ接骨院様のご協力で、各方面で活躍されている優れた治療家、著明トレーナーの先生方が都内、横浜、北海道からお集まりいただきました。  イタリアでのプロトレーナー時代に取り入れた経験や治療活動にて培ったノウハウを、スポーツ傷害や腰痛治療を中心に講義して参りました。...
29日 8月 2015
 早稲田大学伏見キャンパスにて第4回早稲田体幹筋機能研究会が開催されました。腰痛症の多くを原因としている仙腸関節障害についてJCHO仙台病院の村上先生をはじめとした第一人者の先生方の発表があり、 原因不明と言われる脚の痺れや痛みの多くが必ずしも腰部ヘルニアにあるだけではなく、仙腸関節にも由来されることも示唆されました。...

さらに表示する